兄、近況。

兄のこと。

 

学校は毎日遅刻。

登校時間通りに行くと、嫌な子達に出くわすから。

それでも休むことはなくなった。

それは自分と同じように保健室に登校している友達がいるから。

その子達がいるからがんばれる。

とても良い状況に、母はホッとしていた。

 

この頃に気になったのは、よく「うるさい」と耳を塞ぐこと。

教室の騒がしいことがとにかく一番苦手。

頭がガンガンするという。

6年生のお別れ集会の演奏練習は参加できず。体育館の広い場所でも「うるさい」と。

卒業式も厳かで静かな雰囲気もダメ。欠席した。

入学式も今のところ欠席予定。「うるさい」ことと、小さい子の集団は苦手。新学期始まってみて先生方に出来ること出来ないことの状況を見ていただく予定。

音に関して不思議に思うこと、

ゲームセンターの前を通り過ぎる時、「うるさい」と耳を塞いで逃げた。しかし自分がゲームセンターで遊んでもいいよとなると全く音のことは気にしていない。

どうゆうことだろう、カウンセリングで聞いてみた。

答えは「集中しているから」だそうな。

音はうるさいほど聞こえているけれど、好きなことに集中していると気にならないんだと。

 

音以外に気になるのは、匂いと色彩感覚。

匂いはここ一年、魚介類に火を通すと全く受け付けなくなってしまった。元々魚は苦手ではあったけれど、少しは口にしていた。しかしここ一年くらいで調理中の匂いで嫌がり、その匂いが近づくと嗚咽をもらすほどに。お刺身、お寿司は食べる。

食器用のスポンジの匂いが生ゴミみたいな匂いがする、と。新しいものをおろして数日のスポンジでもこう言う。

あとは教頭の香水。(保健の先生にチラッと伝えてはみたけれどもー・・・)

私も匂いには敏感で気分が悪くなることがあるけれど、この子はそれ以上かもしれない。

次に色、以前使っていたスマホ、購入したときのカラー名はLime。私には完全に蛍光の黄色に見える。弟も主人も黄色だと。しかしこの子は緑色だと言う。どんな緑に見えているのかな。

他で色については今のところは無い。

 

 カウンセリングで「感覚過敏」とゆうワードが出てきた。少ししっくりきた。

今まで好き嫌いでワガママを言っているのだと思って「我慢しなさい」等と注意していたけれど、こちらが回避してあげれば本人は平和に過ごせたことなんだと理解した。回避する方法を見つけて教えてあげると後々自分で回避が出来るようになっていくんだ、と。目からウロコです。

 

カウンセリングを受けるようになって、私が楽になったと思う。

怒っても仕方が無いことに気がつけたとゆうことは、周りの人達の心に余裕が出来たことだった。

怒らなくなると、この子は私の言葉を聞いてくれるようになった。

そしてこの子は自分の感情に自分で気がつけて、納得して前に少しずつだけど進むことが出来るようになった。

親バカだけども、この子はとても賢い子。抽象的なことを考えることは苦手な特性、相手の気持ちを想像して行動するのも苦手な特性。それでも相手のことを思える優しさがある。私はこの子の優しさに何度も救われてきた。この子は大事なことはちゃんとわかっている。もう少し信頼して本人に任せてみる勇気を私が持たないといけない。

この子は私の物ではない。産んだ責任は果すけれども、思い通りに操ろうなんてしてはいけない。この子の考えたことを尊重したい。そしてそれを全力でサポートしたい。

 

 

春休み一週間前、急に腹痛や気分が悪いで学校に行けなくなった。理由をなんとか話してくれたら、入学式、教室に上がる時間が続いてきつい、保健室登校している一人が嫌なことをしてくる。ほー。次から次へと。保健室の先生にその事をお伝えして現状を教えていただいたら、そこまで気に悩むほどのことではなかったので、なんとか修了式の日は学校に連れて行った。4月からの6年生がどうなることやらー。

 

中学は支援クラスのある学校に入学できるように、今から準備をすることになった。正式な診断結果が必要な場合があるから、念のためメンタルクリニックの予約を取った。この予約を取るのが大変だった!小学校から教えていただいた病院ほぼ4月の予約はいっぱいで、5月の予約受付を取るために「○月○日11時~12時の間に電話のみ受付」とゆうシステムのクリニックがほとんどで、人気アーティストのライブチケット販売か?!ってくらい電話が一切通じなかった(笑)それだけメンタルクリニックにお世話になりたい人が増えているってことですよね、笑っちゃいけない。しかしお掛け姉さんも出てきてくれなくてどうしようかと思った!ほんとに!

無事に5月のはじめに予約が取れたので6年生の一年間を大事に今後の準備を進めていきたい。

 

今後、私が行き詰ったり、悩んだ時の戒めに読む用。