ごぶさたしてました

2ヶ月半ほど停滞していました。
どうにもこうにも、軽く鬱になりそうなところをギリギリ踏ん張っていた日々でした。
精神的にも体力的にも追いつかず、どこか上の空てした。
現実逃避ばかりでした。



その2ヶ月半、ちゃんと子ども達の事も見ていなかった様に思います。
春休みに入って毎日そうたを怒鳴り散らして、挙句には手を上げてしまっていました。きっと世間のしつけの限度は超えていました。
ゆうきにまで頭ごなしに怒り狂ったり、叩いてしまったり。



旦那が職場でいよいよ限界を迎えています。
あたしはどんな覚悟で、どうゆう行動をとれば最善なんだろうか。
そんな事ばっかり考えては沈み、家にも自分にも引きこもっていました。
日記も書こうとしても、お気楽な事な出来事はあってもそれを書く気になれず、かと言ってこれだけ悶々としている心の内を書く気にもなれず。



今日、くだらない事でそうたをまた怒鳴り散らしてしまいました。往復ビンタも何往復してしまったか…。
心底反省しました。
何をしているんだ
春休みの一ヶ月、四六時中あたしと一緒に居たそうたはすごく怒りっぽくなって、眠かったり上手くいかないとイライラと、口調も乱暴になりました。手も出る様になりました。話しかけても無視したり、何度同じ事を注意しても同じ誤ちを繰り返す、一つもあたしの言葉はそうたには届かなくなりました。
全部全部あたしの態度や言葉が招いた事です。
ここまでなってやっと気がついたあたしはとても愚かです。



もう二度と叩きません。
感情的に怒鳴りません。
ちゃんと言葉を伝えます。
大好きだって伝えます。



たくさん傷付けてしまった。
馬鹿な母親、やめます。






本当にごめんね、大好きなんだよ。